【防災】の使命を果たし、信頼に応えます。

火災の発見のための「感知・通報システム」、そして「消火システム」。
こうしたシステムは、すべて消防法などの規制対象になっています。

私たちは、消防設備および機器の設置について消防法より義務づけられ、
施行も消防設備士の有資格者が実施しなければなりません。

さらに、設置後は、消防設備士または消防設備点検有資格者による点検が義務づけられています。

このように、防災マーケットはそのほとんどが消防法の規制下にある特色あるマーケットであるといえます。それだけに、確かな技術と厚い信頼性を保つことが大切な義務なのです。


火災報知設備の点検
●自動火災報知設備
●非常警報器具及び設備
●ガス漏れ火災警報設備
●防排煙制御設備
●放送設備
●防犯設備(各種)
●テレビ共聴設備
●非常通報装置
●誘導灯・誘導標識
●避難器具

防災盤の点検
●消火器
●消火栓設備
●スプリンクラー設備
●泡消火設備
●動力消防ポンプ
●粉末消火設備
●二酸化炭素消火設備
●ハロゲン化物消火設備
●各種ガス消火設備
●フード・ダクト簡易自動消火設備
●家庭用自動消火設備
●船舶用自動消火設備

ガス消火設備の点検

スプリンクラー設備の点検

<誘導灯設備の点検
Copyright (C) 2002 yunishoukai. All Rights Reserved.
点検・整備詳細 点検・整備の流れ 取り組み
沿革 主要仕入先 主要得意先 会社概要 点検・整備詳細 主な商務内容 点検・整備の流れ